検査について

保険内検査 血液検査:一般検査、アレルギー検査、ホルモン検査(女性ホルモン、甲状腺ホルモン、副 腎皮質ホルモンなど)膠原病検査 心電図検査 胸部レントゲン検査 骨密度検査

保険外自費検査

【遅延型アレルギー 食物過敏症検査】
詳細
遅延型アレルギー(食物過敏)とは

即時型アレルギーが原因食物の摂取後、約15~30分で症状が出現するのに対し、遅延型アレルギーは原因食物を摂取してから反応するまでに時間がかかるため、症状が出現するまで約6~24時間かかります。このため、何が原因になっているのか気づきにくいアレルギーです。このことから、遅延型、遅発型、食物過敏などと呼ばれています。
免疫に関する研究は100年以上前から行われていますが、未だ解明されていないことが多くあります。厚生労働省のホームページには、IgE抗体によるアレルギー反応の他にも非IgEアレルギー反応が存在し、そのメカニズムは未解明と示されており、IgG抗体によるアレルギーはこちらに分類されると考えられています。

遅延型アレルギーの症状

遅延型アレルギーの症状は、多岐にわたるのが特徴です。アレルギー的な症状もあれば、頭痛や消化不良、関節痛のような症状もあります。イライラやうつ状態など、メンタル面に影響を与えている場合も少なくありません。睡眠の質、疲労感、食後の強い眠気、痩せにくさなど、症状とまでは呼べないものの、その人のQOL(生活の質)に少なからず影響を与えているケースもあります。また、複数の症状が同時に発生しているケースが多く報告されています。

原因食物が特定できたら

反応が低くなるまで除去を続けることが理想的です。完全除去が難しい場合は、症状が出ないレベルまで量や頻度を減らします。遅延型アレルギーの場合、反応が下がればまた食べられるようになる可能性があります。除去期間中にプロバイオティクスの摂取などで腸内環境を整えることも、早く反応を下げて再び食べられるようになるための手助けになります。

注意点・副作用
  • ・採血後は、揉まずにしっかりと止血をします。2~3分は圧迫してください。
  • ・採血後に気分が悪くなる、体調がすぐれないなどの症状が出た場合は、すぐに看護師へお知らせください。
料金
※別途診察代が発生いたします。
アレルギー検査 税抜 税込
IgG食物過敏症セミパネル(120項目) ¥31,000 ¥34,100
IgG食物過敏症フルパネル(219項目) ¥42,000 ¥46,200
遅延型フードアレルギー 日本食パネル ¥31,000 ¥34,100
※2回目以降※ IgG食物過敏症セミパネル(120項目) ¥30,000 ¥33,000
※2回目以降※ IgG食物過敏症フルパネル(219項目) ¥41,000 ¥45,100
※2回目以降※ 遅延型フードアレルギー 日本食パネル ¥30,000 ¥33,000
【がんスクリーニング検査】
詳細
スクリーニング検査

血液中のアミノ酸バランスから、現在・将来の様々な疾患リスクを1回の採血で一度に評価する検査です。

がんスクリーニング検査

現在がんである可能性を評価する検査です。
男性AICS5種:胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性AICS6種:胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)・卵巣がん

血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにする検査のことです。
AIRSの受託における注意点 ・AIRSは下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。これらの方以外は評価対象外となります。

評価対象 対象年齢
AICS(R) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)、卵巣がん 20歳~80歳
注意点・副作用
  • ・採血後は、揉まずにしっかりと止血をします。2~3分は圧迫してください。
  • ・採血後に気分が悪くなる、体調がすぐれないなどの症状が出た場合は、すぐに看護師までお知らせください。
料金
※別途診察代が発生いたします。
がんスクリーニング検査 税抜 税込
がんスクリーニング検査 男性5種胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん ¥23,000 ¥25,300
がんスクリーニング検査 女性6種胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん (子宮頸がん、子宮体がん)・卵巣がん ¥23,000 ¥25,300
【がん遺伝子検査】
詳細
弊院のがん遺伝子検査の特徴

がん遺伝子検査は、各臓器から出る疾患特異的な因子(マイクロRNAなど)を検出し、疾患の超早期発見を行う検査です。
疾患にかかると、疾患の細胞から分泌される小さな顆粒にマイクロRNAが封入されます。 その疾患特有のマイクロRNAを検出し、数量の変化を測定することで、「がん」や「アルツハイマー型認知症」などの早期発見につなげることができます。 ※マイクロRNAは早期から増加するので、がんの早期発見に有効ですが、数値の大小でステージを反映するものではありません。

既存の検査との違い

採血のみの検査のため、既存の検査に比べて患者様の負担が少ないというメリットのほか、画像検査などでは確認できないグレイゾーンの前兆や「ステージ0」レベルでも疾患の可能性を発見することができます。特にその力を発揮するのが、早期で発見すれば「治るがん」ともいわれている乳がんや、見つけにくく進行が早い膵臓がんです。早期発見の一歩先を行く「超早期発見」を実現することで、治療方法や使用薬剤などの幅が広がり、完治する確率が高まるのはもちろん、「アルツハイマー型認知症」のように発症してしまうと完治できない疾患においても、その進行の遅滞が期待できるでしょう。また、疾患のリスクが高い場合でも、免疫力増強や食事改善などにより、予防対策を講じることができます。

●がん遺伝子検査(単独検査)

乳がん、膵臓がん、アルツハイマー型認知症

●がん遺伝子検査プラチナ(※がん遺伝子検査プラチナは3項目以上からの受付となります)

肺がん・食道がん・胃がん・大腸がん・頭頸部(舌)がん・肝臓がん・膵臓がん・腎臓がん・甲状腺がん・脳腫瘍・胆のうがん・前立腺がん(男性のみ)・乳がん・子宮頸がん(女性のみ)・卵巣がん(女性のみ)・アルツハイマー型認知症

注意点・副作用
  • ・採血後は、揉まずにしっかりと止血をします。2~3分は圧迫してください。
  • ・採血後に気分が悪くなる、体調がすぐれないなどの症状が出た場合は、すぐに看護師までお知らせください。
料金
※別途診察代が発生いたします。
がん遺伝子検査 税抜 税込
テロメアテスト(遺伝子強度、疲労度) ¥45,000 ¥49,500
遺伝子ストレステスト(遺伝子疲労度) ¥30,000 ¥33,000
がん遺伝子検査(乳がん) ¥30,000 ¥33,000
がん遺伝子検査(膵臓がん) ¥45,000 ¥49,500
がん遺伝子検査(アルツハイマー型認知症) ¥45,000 ¥49,500
がん遺伝子検査プラチナ ¥300,000 ¥330,000